鍵交換をするケース


    ドアノブを握る手

  • 鍵の交換をする機会は様々なケースがあります。例えば賃貸物件で前の住人が退去したときに防犯上の理由で鍵交換をする場合、何らかの理由で鍵が掛からないなどのトラブルが起こった場合、防犯対策を強化する場合などがあります。 このような時は必ず鍵交換専門の業者に依頼することが大切です。それだけ鍵周りの仕組みは複雑で生活の安全に関わる作業なので確実におこなう必要があるからです。 一般的に鍵は値段によって安全が保たれるための複雑性が強化されています。しばらくしたら引っ越す可能性の高い賃貸物件であっても交換はお金をかけてしっかり防犯対策をするほうが良いのです。 そして引っ越した場合は必ず鍵は交換してあるか聞くようにしましょう。

    それでは鍵の種類はどのようなものがあるかというと、一番多く流通しているのがシリンダーキーで現在では99パーセントがこのタイプが使われています。 最近は賃貸であってもシリンダーキーを2つ付けることも可能になってきているので、より高い防犯性のためには2つ付けがおすすめです。 そして主に一軒家などでシリンダーキーと併用されることが多いテンキーは暗証番号を入力して解錠します。次にカードキーはシリンダーキーよりも複製がしにくくなっており、その他リモコンキーなどがあります。 これらは鍵を落とさないように日頃から注意をする必要がありますが、最近流通し始めた指紋認証キーだと本人が居れば解錠できるという非常に画期的なものですので掛かる費用は高額になりますが防犯上は複製の心配が非常に少なく、安全性はかなり高いと言えます。